ジョギングすると膝が痛い

ダイエットや健康管理のために、ジョギングをやっている方、またはじめようと思っている方は多いのでは。誰にでも手軽にはじめられ、年齢性別関わらず参加者の多いスポーツですが、日頃運動不足の人は要注意!「ジョギングすると膝が痛い!」という人もまた多いのです。

運動不足の人、特に中高年だと、加齢による筋力低下もあって下半身の筋力が衰えているため、そのまま急に運動を始めると、膝に急激な負荷がかかり、「ランナー膝」と呼ばれる膝痛が出やすいのです。
ジョギング中やジョギング後に痛みが出たら、直ちにジョギングを中止しケアするようにしましょう。無理をすると症状を悪化させてしまいます。

膝への負担を減らすには、体重を減らすことと、太ももの筋肉の増強を平行して行うことが大切です。そのためにジョギングをはじめたなら本末転倒ですが、いくつかの点に気をつければ初心者でも膝を痛めずジョギングを続けられます。
まずジョギングを始める前に十分なストレッチをすること。また身体にあった専用のジョギングシューズを選ぶことです。

できればいきなりジョギングをするのではなく、足の筋肉を鍛えるさまざまなエクササイズや、プール内でのウォーキングなどで筋肉強化をめざし、ある程度身体を運動に慣らしてからジョギングに移行するのが好ましいです。

ジョギングですでに膝が痛い人は、シップやサポーターなどをつかって膝をケアしてください。痛みの症状を軽くしたり、関節運動の支障を減らしたりするための薬もあります。痛みがひどい場合はすぐに専門医に診断を受けるようにしましょう。

関連記事

このページの先頭へ