ひざ痛対策のストレッチ

歩くのがつらくなるひざ痛、年齢による筋力低下や体重増加、運動不足、無理な運動やスポーツ、などなどいろいろなことが原因ですが、多かれ少なかれ、また早かれ遅かれ、誰もが経験するリスクのある痛みでもあります。
今、すでにひざ痛を感じている人も、まだ大丈夫な人も、できれば日頃から意識して、ケアしておきたいですね。

ひざ痛の対策でもあり予防も兼ねるのがストレッチです。ひざの周囲の筋肉や腱を解きほぐし柔軟にすることで、ひざの痛み解消を図ります。

ひざ痛があると、ついついそこをかばって動きも小さくなりがちですし、身体を動かすのをためらうようになります。もちろんスポーツなど負荷がかかるものはストップしたほうがいいのですが、まったく運動しないと、今度はますます筋肉が衰え、よりリスクが高まります。増えていく体重もひざへのダメージ要因です。

急な激しい痛みがある場合は別ですが、毎日ストレッチをすることで、ひざ痛解消にもなりますし、
ひざを支える骨盤周囲の筋肉の働きも活性化させることができ、丈夫にしていくことが可能です。
腰痛対策専用のストレッチもあるので、症状のある人はトライしてみてください。毎日続けることが大切なので、無理をせずにやりやすいものから、自分のペースで徐々に増やしていきましょう。

ひさ痛対策としては、鎮痛薬・注射などもありますが、効果は一時的です。根本的な解決にはひざそのものを強くするしかありません。ストレッチの効果には個人差があるので、最低でも1ヶ月は続けるようにしましょう。痛みがなくなっても習慣化できると、将来に備えることもできます。

関連記事

このページの先頭へ